早割と年末割、それぞれのメリット・デメリット

早割と年末割、それぞれのメリット・デメリット

おせち料理でお得に購入する方法はどれがお得?早割と年末割をそれぞれ検証してみました。

早割と年末割、それぞれのメリット・デメリット

おせち料理の販売は料亭と呼ばれる名店も含めて、販売競争の激しい分野となっています。その為、予約・購入の申し込み時期によっては通常価格からかなり割引された値段で買える可能性もあります。特に値引きが大きい傾向にあるのが早割と年末割ですが、時期が対照的である事からそれぞれに異なるメリット・デメリットが存在します。

まずおせち料理早割についてですが、近年は8月末には予約が開始されたりとより早期化する傾向があります。そして多くの場合、予約が早いほど高い割引率が適用されるようになっていて、そのまま金銭的メリットに繋がっています。そして時期が早いほどに在庫の枠も多く、人気の高い良質なおせちを予約出来る可能性が高まるのもメリットです。時間的な余裕があるので、冷蔵・冷凍といった形式や配達日の調整が行い易い事も見逃せません。

デメリットとしては、早期の予約が必要な為にその後の事情の変化に対応出来ない事が挙げられます。例えば正月に家に戻って来る予定の家族分まで注文し、急な事情で帰省がキャンセルになったような場合については対応が難しくなります。逆に不足するようなケースでの追加も、早割の対象とする事が出来ません。また食材市場における事情の大きな変化等も考えられなくは無い為、若干の内容の変化等は起きるリスクがあると言えます。

一方、おせち料理年末割は早割とは逆にギリギリでの予約が対象となります。製造者側に在庫を処理したいという意向が働く事で、割引が適用されて価格が安くなります。より正月の直近であれば既に製造されたものが配送されるので、タイムラグが無い上に、内容の変更等は無く意図したものが確実に届けられるというメリットも得られます。デメリットとしては、既に製造されたものである事が多い為に冷凍品である場合が多く、形式面では融通が利き難いという事が挙げられます。

また基本的に年末割は枠を設けてお得感を出すというよりは、売れ残りを上手く活用するといった意味合いが強いです。もともと数量限定で時間を掛けて製造する商品でもあり、人気の高いおせちについては年末割の時期には在庫が無いケースが考えられます。また仮に在庫があっても、充分に売れると判断されれば割引率が芳しくないケースが見られる事もデメリットと言えます。逆に言えば人気の有無に関係無くとにかく体裁を整えたいといった場合や、量的な追加を狙うケースでは掘り出し物を引き当てられる可能性もあるというのはメリットと捉えられます。

関連ページ

おせち料理の通販で失敗例に学ぶ!
おせち料理を家族みんなで楽しむために参考になるおせち料理の通販で失敗例を紹介します。
年々増大するおせち料理の通販商戦
おせち料理は今お取り寄せだたくさん増えています!年々増大するおせち料理の通販商戦事情を紹介致します。

▲TOP